So-net無料ブログ作成

採用枠にこだわるのは不毛だ [雇用]

働いている聴覚障害者の間では、時おり、障害者枠、一般枠のどちらで採用されたかということが話題に上がる。
「障害者枠で採用されたのか」という質問を受けた途端に、顔色を変えて「私は一般枠で採用された」と怒り出す人も少なからずいる。
一般枠で採用された聴覚障害者は優秀で、障害者枠で採用された聴覚障害者は優秀でないという図式が多くの人の頭のなかにできあがっているように思う。
聴覚障害者はプライベートでつながっている他の同障者がどれ位の能力を持っているかについてやたらと詳しい人が多いので、同障者で構築する地域コミュニティの場においても、「一般枠で採用された」ことはそれ自体一流大学に合格したことと同じ位強力なブランドになる。テーマ自由で講演会を開こうとなった時、講演者の人選においても、候補に上がりやすい。

私は、民間企業、自治体の両方において、障害者枠で採用されたが、自治体に採用された時は多くの聴覚障害者から「障害者枠で採用されたのか」とよく尋ねられた。
私の能力が軽んじられていたからなのか?民間企業からの転職が珍しかったからなのか?今となっては分からないが、うんざりするほど尋ねられたのは事実だ。
採用試験に障害者枠を設けているところであれば、民間企業、自治体のどちらにおいても、身体障害者採用試験は一般向けの採用試験に比べて競争倍率が少し低く採用基準が緩やかな傾向にある。
そのことから、一般枠で採用された聴覚障害者が「自分はいかに優秀であるか」を誇示したがる心理、障害者枠で採用された人を軽蔑する心理は想像できなくはない。

採用された後の業務内容は、私が見聞きした範囲でいえば、民間企業と自治体では異なるように思う。
障害者枠であっても、民間企業総合職で採用された場合、昇進昇格につながる仕事を任されることはあるかもしれないが、一般事務職の場合は、そのようなことは皆無ではないか。
私自身、民間企業で過ごした6年間は昇格できなかった。
健聴者は一般事務職であっても最高ランク(係長)まで昇格している人はいたので、その人達を見る限り、地味と思われる仕事をこなしつつ、何事も臨機応変に対応でき秘書的な役割を果たせる人が一般事務職としては昇格しやすいのではないかと考えている。
逆に、自治体は、障害者枠、一般枠のどちらで採用されてもあまり差はないように思う。
電話対応ができるかが大きなポイントになる。
障害があっても、聴こえて視力もあって手先が器用に使える人であれば、幅広い仕事の経験を積める。
分かりやすい例が、下肢障害者だ。
私の知っている下肢障害者は学校事務のスペシャリストと評価されている。
これは、長年様々な事務を経験した上に、様々な教員や管理職との人脈を築き、多くの学校に関する情報に精通しているからだ。
学校事務の大規模な改革では、事務効率化の功労者としても評価された。
その人も、障害者枠で採用された職員。
私は今、育児休業中で自治体内部の情報にアクセスできない状態なので、その人が出世しているのかどうかは分からないが、出世するに相応しい職員であると考えている。
(生意気かもしれないが、民間企業、自治体のどちらにおいても、仕事ぶりからして出世するだろうと思った人達は全員が上位職位に昇進昇格しているので、その人もいつかは昇進昇格すると信じている。)

聴覚障害者はキャリアプランが描きにくい。
高学歴イコール仕事面で優秀、に直結するわけではないが、長年、「一流大卒という肩書を手に入れ、一般枠で採用されれば、ある程度昇格しやすい。高い給料がもらえる。」という価値観が多くの人に身に染み付いているように思う。
だからこそ、一般枠が上で障害者枠が下という価値観で、仕事に関するあらゆることが語られる傾向にあるが、先述した例のように、どちらの枠で採用されようが、自分に合った仕事を長年継続できて、さらに昇進昇格できれば御の字だと考える。

故に、一般枠、障害者枠のどちらで採用されたかに関心を持つのは意味がないことだけは強調しておきたい。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

一部の非正規職員が感じる、待遇に対する不満 [雇用]

3年前に一度公開しましたが、諸事情から非公開にした記事です。
公開しますので、まだ読んでいない方で興味がありましたらご覧ください。

--------
今の職場は、正規職員と非正規職員で構成されており、非正規職員の数が正規職員の
それをわずかに上回る状態。

非正規職員は、職場こそ違うが、うちの自治体で長く働いている人が少なくなく、分野に
よっては、自治体独特の規則に精通している人も多いことから、今の職場では重要な戦力
として位置づけられている。

・・・

だが、それは、あくまでも表面上の話。

実際は、非正規職員のなかには、仕事の待遇に対するドロドロの不平不満を心のなかに
溜め込んでいる人もいる。

非正規職員を何となく選び、気づいたら長年非正規職員をやっていた・・・という人ほど、
「こんなはずでなかった」「正規職員と同じ仕事をしているのに、なぜ昇格昇給できないの?」
などネガティブな感情が心のなかを渦巻いているように思う。
その一方で、家庭の諸事情や定年退職後の就職先確保、子育てが一段落したことを理由
に非正規職員を選んだ方々は、割り切って仕事をしている方々がとても多いように思う。

前者に属する方々の一部からは、時たま、何気ない会話で不平不満を耳にしてしまうことがある。
具体的には、自分の待遇に対する不満を正規職員の仕事ぶりのそれにすりかえるなど。
たとえば、「業務連絡のメールの書き方が気に入らない」「整理の仕方が気に入らない」
「自分だったら、こうやるのに」とか。

不平不満を言う側も、非正規職員の待遇に関する権限を持つ役職者などには言えないから、
言いやすい人や話しやすい人を選び、言っているのだろうが、言われる側としてはたまった
ものではない。
待遇が良くないことからくる将来への不安は、容易に想像できるが。

・・・

現状、自治体では、正規職員減少にともなって、雇用契約を何度も更新する形で何年も働いて
いる非正規職員が増えているが、そんな非正規職員も「公務員」として一括りにされる。
民間企業なら、非正規でも、実務を通して蓄積した技術・知識を正社員としてのキャリアアップ
につなげられるケースが多いが、自治体だと、非正規で働いてもそこで培った技術・知識は
その自治体でしか通用しない。
人によっては、自治体の実務経験で培う技術・知識を「汎用性が低い」という見方をする人もいる。
さらに、副業は禁止。
何か不祥事でも起こせば、正規職員同様、マスメディアに大きく取り上げられる。
ブログや日記に書くことも、内容によっては、公務員ということで叩かれ、下手するとマスメディア
に取り上げられる事態に発展しかねない。
私も3年前に正規職員として採用されて以来、ブログや日記に何を書くか思い悩むことが多くなった。
今は、常識の範囲内で書けば問題ないだろう・・・という認識でいるが。
自分で選んだ職業とはいえ、息苦しさをたまに感じることがある。
「超」の字がつくほど几帳面で、目的より手順を守ることに重きを置いて生きている人でないと
公務員は勤まらないのではないか?と思ってしまうほどだ。

そのような思いがあるからこそ、職場にいる一部の非正規職員が待遇に対して感じる思いは
容易に想像できる。

うちの自治体は、非正規職員の複雑な思いに応えるかのように、福利厚生制度を充実させようと
努力する姿勢がこの3年間でますます強くなった。
それでも、非正規職員の思いに完全に応えられるかといえば、限度があるように思う。

このため、自治体では、最初の雇用時に、長く非正規職員として働いてもらう可能性を想定し、
非正規職員として働く強い意志を本人に確かめておく必要性があるように思う。
正社員就職へのつなぎの職業として捉えられていた昔とは違い、一就職先として
捉える人も多くなっている現在だからこそ、必要。

相当の覚悟があって働いている人でないと、不平不満は出にくいと考えるからだ。
確かめたうえで、もし意志が強くないのであれば、他の道を薦めることも、最終的には本人だけ
でなく周囲のためになるのではないかと考える。
・・・と言いつつ、雇用需要が減少しているこのご時世では、正規非正規関係なく、一度退職したら
次の職を確保するのが大変難しい状態。。。

本題からは離れてしまうが、どのような身分であれ「問題なく働ける」ことが一種のステータス
になりつつあるのかもしれない・・・ことを、私は日々感じる。

- - - - -
6/17 16:00 一部表現(太字部分)を追加しました。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

障害者採用コーナーを見ていて気になること [雇用]

遅くなりましたが、今年もよろしくお願いします。
- - -

障害者雇用の実態を少しでも多く知るために、各企業の公式サイトを見て回ることがある。

採用情報ページに障害者採用コーナーを設けていることが多い一部上場の企業を中心に、 今まで100社近くの企業の障害者採用コーナーを見てきた。

障害者採用に積極的な企業は、障害者採用コーナーに「先輩社員のメッセージ」を必ずといっていいほど載せているが、先輩社員として登場する聴覚障害者社員のメッセージではこのような文を目にすることが多い。

職場では、自分の障害について、できること、できないこと、どんな配慮が必要なのかを的確に伝えよう

様々な障害者が読むことを意識して発言しているのだろうが、私はこのような文に共感できない。

このような文を読むと、正論を言っているように受け取ることもできるが、
前後の文脈からして、このような文は「一言で伝えられるようにしないといけない」と圧迫感を感じさせるケースが多い。

このような文は、日頃の業務で周囲の人に確実に伝えられるかどうかという観点で見た場合、上肢・下肢・視覚などの障害者には参考になるかもしれないが、聴覚障害者には参考にならない。

上肢・下肢・視覚に障害がある場合、

1)日々の経験や訓練で、できる動作、できない動作の区別がつきやすくなっていること
2)他者から見て「こういう動作ができない」と分かりやすいケースが多いこと

の理由から、先述した文は有効かと思う。

また、内部障害の場合はケースバイケースだが、私の知っている範囲では日々の経験の積み重ねで、どの範囲までならできるのかの線引きができていることが多い。
自分でも言語化できる場合、上肢・下肢・視覚の障害者と同じように、先述した文は有効かと思う。

しかし、聴覚障害の場合、一言で伝えられるような障害でないことから、"どのようなことがどの範囲までならできるのか"が、周囲から見て分かりにくい。
聴覚障害者本人も、耳の聞こえに関する知識が不足していることから、できること、できないことを明確に認識できない。
当然ながら、認識できないことを言語化することは難しい。もし認識できたとしても、「どのような配慮が必要なのか」を誰もが納得できるような形で言語化する必要がある。
そればかりでない。言語化できたら、日頃のコミュニケーションで他者に伝えていく必要がある。が、コミュニケーションで確実に伝えるには多くの時間がかかる。コミュニケーションにおいては、取るタイミングが重要だからだ。

ゆえに、先述した文は、聴覚障害者には有効でない。

「聴覚障害社員が話していることなのに、なぜ聴覚障害者には有効でないのか」と思う人もいるかもしれない。

メッセージを出す側の聴覚障害社員は、「自分の障害をよく理解している」社員として、人事から見られているように思う。
が、私からすれば、耳の聞こえに関する知識が不足していて自分でもよく分かっていないために、あのようなことを言っているのではないかと思ってしまう。
もちろん、内容によっては真剣に話している部分もあるのだろうが、何がなんだかよく分からずに話している部分があるとすれば、それはそれで大変無責任なこと。

では、どうすれば、聴覚障害者に有効な文が出せるのか?

先述した文を次のようになおせば良い。

職場では、自分の障害について、できること、できないこと、どんな配慮が必要なのかを時間がかかってでもいいから丁寧に伝えよう

先述した文との違いは、

・「時間がかかってでもいいから」を書き加えたこと
・「的確に」を「丁寧に」に置き換えたこと

にあるが、これだけでも、聴覚障害者にとって有効な文になる。

こんな文が使われているメッセージを、いつかは見てみたいものだ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:求人・転職

聴覚障害者が一般事務職で多く雇用される背景-その3- [雇用]

一般事務職は読み書き能力が不完全なままでも務まる職種なのかというと、決してそんなことはないというのが私の認識です。
一般事務職として働く上で要求される能力は、日常業務を確実にこなせることはもちろんですが、職場のキーマン的存在の能力を最大限に引き出すためにいかにサポートできるかといったものだと思っているからです。かつての同僚には、一般事務職として入社し長年働いている方が数人いましたが、皆さんこれらの能力を備えているばかりだったように思います。日常業務を確実にこなしたり、他人とのスムーズなコミュニケーションを図るためには、他人の話を聞いて(メールの文章を読んで)正しく理解できること、自分からも分かりやすく伝えられることが必要ですが、それらはきちんとした読み書き能力があって初めて可能になることです。
職場によっては、聴覚障害者に読み書き能力をさほど要求しないところもあると思いますが、読み書き能力があまりなくてもできる仕事といえば、データ入力、ファイリングなど慣れでできる仕事位しか思い浮かびません。

#健常者はこうした仕事を「スキルアップにつながらない」といって敬遠する人も多いと聞いているため、聴覚障害者がこうした仕事をきちんとこなしてくれれば、その人は職場の人々から大変感謝される存在になると思います。

私は会社員時代、複数の聴覚障害者から「聴覚障害者にしては、文章が上手い」などと言われることがありましたが、内心では複雑な気分でした。読み書きに少しでも問題があれば仕事に支障があると考えていたからです。

最近では、聴覚障害者を対象にした文章講座が都内で開かれるなど読み書き能力の向上に対する取り組みが広がっていますが、これは大変喜ばしいことです。が、大人になってから完全な読み書き能力を身につけるのは大変困難なことで成功例もわずかという話もあります。このことを踏まえた上で、聴覚障害者が働く職場では、読み書きの問題を認識して図などを使って理解しているか確認するといった取り組みも必要だと考えます。
こうした取り組みにより、聴覚障害者の読み書き能力が平均的に伸びることで、コミュニケーションや仕事の幅が広がることを願ってやみません。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

聴覚障害者が一般事務職で多く雇用される背景-その2- [雇用]

社内の聴覚障害者と話をしたり、他社の聴覚障害者の働きぶりを数多く聞いていくうちに、次のことを思うようになりました。

1.聴覚障害者の多くは、読み書き能力に自信がないが、自信がなくても一般事務職としてなら仕事ができるのではないかと考えている。

2.企業としては、社会的責任の意味で法定雇用率を達成する必要があるため、使いやすい障害者を一人でも多く採用したい。その点、聴覚障害者は障害の程度によっては使いやすい人材に見える。が、企業が求める能力に達していない人が多い(ように見える)ため、頭を使わずに済む(ように見える)業務に従事させたいと考えている。その結果として、一般事務職の枠で積極的に雇用している。

つまり、聴覚障害者サイドの需要と企業サイドの供給のバランスが上手く取れているということなのだと思っています。
実際、前の勤務先が出していた求人内容を見ると、一般事務職の仕事内容はデータ入力、ファイリング、資料作成等補助的・定型的業務が中心だった気がします。(今は、求人内容が確認できないため、曖昧な記憶をもとに書いています)

そう思うようになった理由は、多くの聴覚障害者の読み書き能力に不完全さを感じていたことにあります。

「聞こえないのだから、読み書き能力が不完全なのは当たり前のこと」と思っている方も多いかもしれません。が、この認識はハッキリいって間違いです。

これは、聴覚障害者として成長してきた過程に強く関係しますが、乳幼児期から聴覚障害があると、言語能力の発達にかなり影響します。たとえば、助詞、助動詞などの機能語をうまく使えない、聞こえる子供なら当たり前のように知っている言葉や言い回しを知らないなど。こうした発達の遅れは、幼児期~小学校低学年の時期に適切かつ充分な訓練をすることでなくなります。逆に、適切かつ十分な訓練ができなかった場合は、学力もあまり伸びず、ドロップアウトしてしまう傾向にあります。以前にどこかで見たことなのですが、大学受験で偏差値50あれば、かなりいい方に分類されるそうです。
ただ、訓練には莫大な労力と時間を必要とするため、力を入れるかどうかの判断は、親や指導者(ろう学校の先生など)の考え方に委ねられているように思います。
このため、読み書き能力が不完全なまま入社してきた聴覚障害者は、親や指導者など周囲の人々に恵まれなかったか、訓練方法が適切かつ充分でなかったかのどちらかだと推測しています。

#このことをきちんと説明できる人がほとんどいないため、聴覚障害者の読み書き能力に関する間違った認識が世間に浸透しているようで、大変残念でなりません。

(その3に続く)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

聴覚障害者が一般事務職で多く雇用される背景-その1- [雇用]

前の勤務先は、聴覚障害者を積極的に雇用していた方だと思います。

企業は、障害者雇用においては「障害者の雇用の促進等に関する法律」に基づき、常用されている全従業員の1.8%以上の雇用を義務付けています。
2005年時点の障害者雇用率が、全国で1.5%、東京都で1.4%であったのに対し、前の勤務先は1.9%と高い比率でした。2006年以降の雇用率は分かりませんが、ほとんどの障害者が勤務を継続していること、会社の従業員数にあまり変化がないことから考慮すると、2005年以前と変わらず高い雇用率であると推測しています。

前の勤務先では障害者を対象にした求人を出していますが、私がいた時は、総合職より一般事務職に重きを置いて募集している印象がありました。(今年は、一般事務職を募集していないようです。)
職種毎に人数を定めて募集していたのかは不明ですが、毎年、一般事務職の枠で4-5名が入社してきていました。入社してくる人には聴覚障害者が多く、私が入社した年は、6名中3名が聴覚障害者でした。
なお、総合職は、入社する人の数が一般事務職に比べて非常に少なく、過去10年間では数年に1人が入るかどうかだったと思います。

私は一般事務職としての入社でしたが、健常者を対象にした求人では総合職しか募集していないこと、一般事務職が担っていた補佐的・定型的業務を派遣社員が担う方向に変わってきたことを知っていたので、自ら希望して一般事務職を選んだとはいえ、聴覚障害者が一般事務職で多く雇用される背景について考えることがよくありました。

聴覚障害者は、企業にしてみれば使いやすい人材なのだろうか?
聴覚障害者は、健聴者より能力が劣ると見なされているのだろうか?

主に、その二つについて考えていた記憶があります。

(その2に続く)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事