So-net無料ブログ作成
検索選択
脱力系 ブログトップ

息子の聴力検査 [脱力系]

息子も早いもので3ヶ月。
この3ヶ月間、本当にいろいろな出来事がありました。

今一番気になるのは、息子が健聴者並みに聴こえているかどうかについて。
難聴が息子に遺伝するのではないかという不安は妊娠判明した当初からありました。

出生した病院で受けた新生児聴覚検査では両耳ともに異常なしという診断。
しかし、チアノーゼの原因を調べるために転院した病院で同様の検査を受けた結果、片耳がひっかかってしまったのです。
片耳のみ、日にちをおいて再度検査しましたが、反応が芳しくなく、また再検査が必要という話。乳児を対象にした聴力検査の経験が豊富な補聴器店に相談して参考程度に調べてもらったところ、軽度難聴の可能性があるのでは・・・という話。

そこで、今日、乳児でも検査可能な病院に行き、聴力検査をしてもらいました。

息子が受けた検査は「聴性行動反応検査」というもので、色々な種類の音を様々な音圧で聞かせます。その音圧は何を使って出すのかといえば、スピーカーだったり、音の出るおもちゃや楽器だったり。
そして、どれくらいの音圧で、何らかの反応(振り向く、音源を探す、目を動かす、びっくりしたような表情をするなど)があるかを確認するのです。
今日の検査では、スピーカー、大太鼓やタンバリン、リングベルが使われました。

息子の場合、日常生活ではささやき声が聴こえにくいのかなと感じることはあっても、おおよその物音に対しては良好な反応が見られるので、ある程度は聴こえているのではないか(最悪、軽度~中等度難聴では)と思いながら、検査状況を見守っていました。

結果は「この時期(生後3~5ヶ月)の赤ちゃんとしては、普通の聴こえ。問題ありません。」とのこと。
リングベルの音に対する反応が薄いのが気になりましたが、この時期の赤ちゃんは聴覚機能がまだ発達していない(1歳位にならないと完成しないそう)ので、現時点では問題ないという話。
今後は、生後6ヶ月、9ヶ月、1歳と3ヶ月間隔で聴力検査をしながら経過をみていきましょうということで、現時点では少し大きめの声でたくさん語りかけをしてねと担当の言語聴覚士さんからアドバイスをもらいました。

補聴器店から「軽度~中等度難聴であっても、生後6ヶ月までに補聴器をつけないと言語発達が遅れてしまう」という話を嫌というほど聞かされていた私としては、補聴器を早々とつけることをアドバイスされるのかなと思っていたので、拍子抜けした気分。
現時点で、聴こえる聴こえないが確定したわけではないですが、ある程度は聴こえていることが専門家の目で確認されただけでも安心しました。
今も息子にはがんばって語りかけをしていますが、これからもがんばって語りかけをたくさんしていこう!と益々やる気がわいてきました。
(たとえば、おむつ交換の時に、新しいオムツを息子に見せながら「これが新しいおむつ。」「いい匂いだね。」「今のおむつはおしっこびっしょびっしょだから、変えよう。」「気持ちいいね。」などなどと語りかけるのです。語りかける時間が長くなればなるほど、息子も笑顔になってきて「あー。」「うー。」「くあー。」など大きな喃語を出してくれます。)

余談になりますが、息子の聴力検査を担当してくださった言語聴覚士さんとは、25年ぶりに再会。
私と同じく難聴の弟が乳児期にこの言語聴覚士さんから療育指導を受けていた関係で、当時小学生だった私もこの言語聴覚士さんのもとで聴力検査を何度か受けるなどお世話になっていました。
適切な指導をしてくださる上に大変親しみやすい方だったので、弟の療育途中で、他の地域の療育センターに異動になったと聞いた時は残念な気持ちになったことを今でも憶えていますし、今後会う機会はないと思っていたので、まさか息子の聴力検査で再会するとは・・・。
この再会で、赤ちゃんの聴力検査や療育指導に精通した方であることもはじめて知ったのでした。
今日の院内(耳鼻咽喉科)は難聴の乳幼児で大変混み合っていましたが、国内では最先端の検査・治療をしているという評判もあり、適切な検査・治療を受けるために、医師だけでなくこの言語聴覚士さんを頼って遠方からきている方が多いようにみえました。
それほど、国内では優秀な人材が不足しているということなのでしょうか。
どの職業でもいえることかもしれませんが、他人が真似できないくらい専門性を高めるのは大変ハードルが高いことではないか・・・と、息子の検査を通して感じたのでした。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

母になりました [脱力系]

3月某日、男の赤ちゃんを無事に出産しました。
予定日より2週間早かったのですが、体重が4キロ近かったからか、約18時間の陣痛に
苦しみながらの出産となりました。
陣痛促進剤を途中で打たれたため、子宮破裂(稀に起こるそうです)等の副作用が心配
でしたが、何事もなく出産できて安堵しています。

その赤ちゃんも間もなく1ヶ月を迎えようとしています。
息子は見た目はまるまるとしていて元気で、心配していた聴覚障害も現時点ではない
という診断が出ています。
しかし、勢いよく泣くとチアノーゼ反応が強く出るのが問題で、主治医からは日常
生活の注意点として泣かせすぎないようにと言われています。
赤ちゃんは泣くのが仕事といいますが、このように言われるのはきつい。
周囲の方々のアドバイスもあり、息子がなぜ泣くのか少しずつ分かるようになってきま
したが、泣いている原因が取り除けず、何分もギャンギャン泣かれると「永遠に泣き続
けるのではないか」「泣き続けたことで、チアノーゼが悪化したら」と不安になります。
補聴器を装用していても、息子の泣き声はベビーセンサではじめて気がつく位聞きづら
いので、息子の近くにいても、気が休まりません。
息子の顔の表情を数分おきに確認するのが日常茶飯事となりました。
(この記事も、息子を膝の上にのせてあやしながら書いています・・・^^;)

こんなわけですが、今後は仕事ネタだけでなく育児ネタもアップしていこうと思って
いますので、引き続きよろしくお願いします。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

未来の我が子に言いたくないNGワード [脱力系]

大変ご無沙汰しております。

今年夏に妊娠が分かり、今月で妊娠7ヶ月目に突入しました。
残り1ヶ月で産休です。
妊娠経過は順調ですが、大きくなったお腹を抱えた状態で長時間歩くのが
大変になってきました。
妊娠イコール出産と思われがちですが、出産までに何があるか分からないので、
無事に出産を迎えれば・・・と祈る日々です。

妊娠が分かって以来、自分の過去の経験を振り返りつつも「自分がこんな悲しい
思いをしてきたから、未来の我が子にはこんな悲しい思いはさせたくない」という
感情が強くなってきました。

このブログでも何度も書いていますが、聴覚障害について考えたり自分と向き合う
のは大変疲れること。
他人と比較して今の自分には何ができないのか?足りないのか?を考えることが
発端となっていますが、大変疲れるものです。

また、私自身が幼少時から現在に至るまで、他の健常者や聴覚障害者と比較されては
「××さんは○○ができるけど、ふよこさんはなんでできないの?」と言われ続けて、
トラウマになっているのもあり、家族や親戚以外の人たちを意識するだけでブルーな
気持ちになってしまうのです。
そんなわけで、私の中ではNGワードとして確立されている「なんで、こんな ことできないの?」
「なんで、こんなこと知らないの?」
という言葉は
未来の我が子に対しては絶対に使いたくありません。

そのような言葉を絶対に言われたくないし思われたくないからこそ、今まで他人より
物事を多く知っていなければならない、人並みにできなければならないという意識が
強くありました。
しかし、年齢を重ね、自分の得意領域、不得意領域を自覚するようになるうちに、
そのような言葉を平然と言う人に強い怒りを感じずにいられなくなりました。
相手が健常者であっても、聴覚障害者であってもです。

何年経とうが、そう簡単に忘れないもので(普段は忘れていることが多いのですが、
何かの弾みでふっと思い出してしまう)、目の前にいない相手に対して
「あなたはこんなことを言っているけど、あなたはどうなの?」と罵りたくなることが
あります。
今更ですが、「どんなことならできて(知っていて)当たり前なのか」を尋ねてみたい
です。おそらく、完璧に答えられないでしょうが。

それほど「なんで、こんなことできないの?」「なんで、こんなこと知らないの?」は
心の中で思ってはいけないうえに、口に出していけないことなのです。
私自身の経験でいえば、言われる回数が多ければ多いほど、追い詰められるだけでなく、
周囲にいる人々が敵に見えてしまいます。

口に出さなればいいのではと思う方もいらっしゃるでしょうが、心の中で思っている
ことは何らかの形で言動として現れるものですから、絶対に思うべきことではないです。
そもそも何ができて当たり前かは個々人の生活習慣や価値観に大きく左右されるもので
あり、人によって違うものだからです。

余談になりますが、小学校時代の同級生で、上記のようなNGワードを頻繁に使っていた
人がいます。その同級生の親が数年前に脳梗塞で倒れ、半身不随で日々の介護を必要と
する生活を余儀なくされているという話を最近聞きました。
私の祖母も脳梗塞を発症し、半身不随になった(結局は、大往生しましたが)ので、
脳梗塞を発症した場合の大変さは容易に想像できますが、この同級生とその母親には
NGワードで散々苦しめられたので、過去のこととはいえ、同情する気にもなれないですし、
何も言葉をかける気にもなれません。
彼らは何事においても「できて当たり前」の基準が高い人で、事あるごとに私と親を見下す
言動をよく聞かされました。
介護が必要な状態になれば、「なんで、こんなことできないの?」「なんで、こんなこと
知らないの?」が日常において通用しない生活になっていると思います。

日頃何気なく、上記のNGワードを平然と言っている方は多いかもしれません。
かつての同級生とその母親が今の状況をどう受け止めているかはわかりませんが(余計な
お世話と言われそうですが)、自分に何か不利な出来事がふりかからないと、平然と言える
神経がいかに恥ずかしいかは感じないのかもしれません。

未来の我が子がどのような子ども(障害の有無も含めて)として生まれ、育つかは未知数
ですが、間違っても、先述したNGワードは使いたくありません。
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【御報告】結婚しました [脱力系]

私事ですが、5月に結婚しました。

今も新居探しなどでまだ落ち着かないのですが・・・、
この半年間は、週末に何かしらの予定が入っている状況で、夫が以前から
住んでいた家で生活をスタートするために遠距離通勤になるなど環境の急激な
変化がありました。
結婚式は無事に終わりましたが、自分の時間をなかなか確保できないことで、
まとまった文章を考え書くことすらできない状況。

ここに夫のことを書くのは少し恥ずかしい気がしますが、今後、聴覚障害者
結婚をテーマにした記事も書いていきたいと思っていますので、彼についても
少し触れておきます。

彼も難聴者。

難聴者同士での結婚ということになりますが、私としては、たまたま結婚相手
が難聴者だった・・・という感じです。
彼は手話をほとんど知らないので、日常会話は口頭でのコミュニケーション
中心。

・・・こういうことを書くと、「難聴者同士なのに、なぜ手話でコミュニケーションを
取らないのか」とお節介な声が聞こえてきそうですが、手話なしでもコミュニケ
ーションができているので、私はこれでいいと思っています。
逆に、「難聴者なんだから、手話を覚えないと」というような無言の圧力をかけら
れることが、プレッシャーかな?

彼と出会いいろいろお話することで、難聴者に関わる問題の解決策を紐解くため
のヒントも少しずつ見えてきた気がしました。
問題に直面しても「あ、こうすれば、上手くいくのかな」と頭の中で何かがひらめく
ような感じ。

結婚してまだ1ヶ月ですが、今は「結婚してよかった!」ですね。
うまく言えませんが、結婚が、これからの人生を前向きに生きていく、ひとつの
キッカケになっている(ような気がする)ことだけは確かです。

今後も、引き続きよろしくお願いします。

-----
結婚に関した記事を5/15にも一度投稿しましたが、読み返してみて自分の中で
引っ掛かるところがあったため削除しました。申し訳ありません。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

興味・関心のある(あった)ことについて聞かれたことがない・・・ [脱力系]

現在の職場に来てからは、一度も、興味・関心のある(あった)ことについて聞かれたことがない気がします。
そういえば、趣味や特技も聞かれたことがない気がする・・・

普通、飲み会あたりで、こういうことを聞かれるのだと思いますが(前の会社では飲み会で役職者からよく聞かれてました)、聞かれない時点で、自分という人間は興味や関心を持たれていないのかと思うことがよくあるんですね。

これは、普段人と話す時、聞き役に回ることが多いからだと自分では思っていますが、人の話を聞くことに集中するあまり、自分のことを話すタイミングがつかめなくなります。
人の話を聞くことは、自分の知らなかった分野について知識が増えるメリットがありますが、たまには自分のことも喋らせてほしい・・・と思いますね。

興味・関心のある(あった)ことについて聞かれない代わりに、よく聞かれるのが庁内広報誌のWeb版に掲載してもらっている文章のこと。(文章の内容はもちろん、聴覚障害に関すること。)
聞かれるのは別にいいのですが、聴覚障害に関係することしか考えてなさそうなイメージがいつの間にか定着してしまっているようでイヤです。
昨年の飲み会で、男性先輩が私の住んでいる地域にそこそこ詳しかったことから(男性先輩と)話が盛り上がりましたが、ある場所について小学生の頃よく遊んだ思い出を話すと、「えっ!遊んだことあるの?」ですって・・・。
本当に何気ない言葉なのですが、まるで私が一度も遊んだことがないかのような言い方にテンションが下がってしまいました。
というか、子どもの頃から聴覚障害のことばかり考えて過ごすわけないでしょ。。。

確かに、小学生の頃から、聴覚障害に関する書籍を読むなりして知識を少しずつ溜めていたところはあります。

ただ、

小学校低学年の時は、ゴム跳びや創作、絵画、空想
小学校高学年の時は、相撲観戦や手芸(編み物など)、創作、読書、空想、不動産の間取り図

に夢中になっていたので、聴覚障害のことを考える時間は今よりずっと少なかったですね。

最も夢中になった相撲観戦についていえば、
私が相撲観戦にはまり始めたのは、約20年前の若貴ブームがきっかけですが、ありとあらゆる新聞の相撲欄をチェックしたり、相撲に関する書籍を読むのが日課になっていました。
相撲を積極的に取り上げているテレビ番組なら、とにかく何でも見ましたが、当時は字幕がまだ普及していなかったので、画面上の人の動きを追うのみ。
新聞や週刊誌、書籍が、当時の私にとっては有益な情報源でした。
他のスポーツと違い、ルールや勝ち負けが分かりやすかったことが、私を相撲の虜にさせた要因なのだと思っています。
とにかく、相撲に関することなら、それが芸能ニュース(代表的なのが、貴りえ婚約騒動)であったとしても、一日でも一回は接しないと、一日が終わった気がしないほどのはまり様でした。
今は、当時と同程度の興味はありませんが、当時、貴乃花を応援していたこともあり、貴乃花部屋のHPだけはすかさずチェックしてしまいます。

・・・話が逸れてしまいましたが、興味・関心のある(あった)ことについて聞かれれば、上で書いている以上にもっと話せると思うのですが、誰も聞かないですからね。。。
「自分が、自分が」という人が多くなったことの表れなのか・・・と思っています。悲しいですけど。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2年と4カ月。(駄文) [脱力系]

ブログを開設してから2年と4カ月。
早いもので、アクセス数も35000を超えました。

コメント数が少なく、一目しただけで暗く重い雰囲気を発しているようにみえることから、アクセスがあまりないのではないかと思われているかもしれませんが・・・、定期的に訪問してくださっている方、検索エンジンから偶然にも見つけてくださる方のおかげで、 記事数が少ない割には、毎日順調にアクセス数が伸びていっています。(最近は、検索エンジンから見つけてくださる方が多いようです。)

ありがとうございます

 #Yahoo!やGoogleの検索エンジンに「気が向くままに 難聴」のキーワードを入れると、
  検索結果では、2009年3月作成のエントリーがトップにランクインしているのが確認できますよ。
  (「気が向くままに」だけの場合は、上から6番目にランクインしているのが確認できます。)

もとはといえば、このブログは、会社員時代に参加していた社内SNSの延長で始めたものです。
当初は始める気は全くなかったのですが、
一昨年春に会社を退職する時、ある先輩に社内SNS上のブログの閉鎖を伝えたところ、 外部ブログの作成を奨められ、始めるに至りました。

このブログのエントリーは、社内SNSでは書けなかったものが中心です。
書こうと思えば書けたのかもしれませんが、当時はとにかく時間的余裕がありませんでした。。。

なお、社内SNSで書いていたのは、今思い出せる範囲では

・聴覚障害についての説明(記事複数)
・唇の動きの読み取り方
・筆談について感じること
・研修教育用DVDに字幕を入れて欲しい
・愚痴を吐く場がない
障害者対応マニュアル~万が一災害が発生したら~

・・・など聴覚障害者の会社生活に関わる話がメインでした。

が、社内SNSの時は本音が書きにくかったですね。

社内SNSの時は「これを書いたら、リアルの知人がどのように反応するだろうか」と考えることが多かったです。

今は、会社とは関係がなくなった(?)という開放感も手伝ってか、社内SNSの時以上に本音で書いていますが。。。

日頃は他人に愚痴を言えないことが多いので、ついブログに書いてしまい、自己嫌悪感に駆られることがありますが、愚痴めいた記事へのアクセス数が意外にも多いことがあり、「愚痴をこぼすのも悪くないのか」ということを思ったりもしますね。
まぁ、私が読んでくださる方のご好意に甘えているだけなのかもしれませんが。

だからこそ、2年以上も続けられたのだと思っています。
ありがとうございます。

いつまで続けるかは分かりませんが、
似たようなエントリーが投稿されているブログが他にあまり見つからないことから、続けられるうちは続けようと思っています。(これも社会貢献・・・たぶん。)

ただ、正直なところ、愚痴は言わないほうが良いのかなという気持ちもあります。
愚痴は、日頃の不平不満が積もりに重なった時に「どか~ん」と爆発するような形で発されるものだと思っています。その意味では、なるべくなら、日頃から不平不満を溜めないほうが良いのですよね。
そのためには、日々、何かに感動しては喜ぶ時間をなるべくなら持つようにしたいですが、現実は難しい。。。でも、がんばります。

すみません、意味のない文章を長々と書き連ねてしまいました。。。

(なかなか書く機会のなかったアクセス数とブログに対する姿勢について書くことで、「こんなに訪問があるのですよ!」ということだけは伝えたかったのです。)

こんな感じですが、これからもよろしくお願いいたします。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

自分の日齢を計算してみよう [脱力系]

皆さんは自分の日齢(自分が生まれてから何日目か)についてご存知ですか?
知らないどころか計算さえしたことがないという方が殆どではないかと思います。

実は、Excelを使うことで日齢を簡単に知ることができてしまうのです!

ここでは、1980年4月1日生まれを例に計算してみることにします。

    A        B        C
1 1980/4/1   =TODAY()    =B1-A1

 ・A1には、自分の生年月日(ここでは、1980年4月1日)をスラッシュで区切って入力してください。
 ・B1には、「=TODAY()」(今日の日付を表す関数)を入力してください。
 ・C1には、数式「=B1-A1」を入力してください。

そうすることで、A1、B1の日にちの間の日数、つまり、自分の日齢を知ることができます。

2009年6月20日にこれを実行すると、以下のようになります。

   A       B       C
1 1980/4/1   2009/6/20   10672

C1に数式を入力した時、1929/3/20が出てくることがあるかもしれませんが、もし出てきた時は、セルを右クリックプロパティを開くの順で「セルの書式設定」を開き、表示形式が日付になっていないか確認してみてください。もし日付になっていれば、標準に修正してください。そうすれば、日齢が確認できます。

私の日齢は10000日を軽く超えていますが、数字を眺める度にこんなに長く生きてきたのか・・・と実感させられます。

Excel作業に飽きた時などに計算してみると、新しい発見ができて面白いですよ。
「これからもがんばって生きなきゃ」という気持ちになるかもしれないですよ。

<参考までに・・・>

10000日目に達するのは、27歳と4ヶ月18日前後

20000日目に達するのは、54歳と9ヶ月4日前後

30000日目に達するのは、82歳と2ヶ月19日前後
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

デジタルメモ帳「ポメラ」 [脱力系]

時々、デジタルメモ帳「ポメラ」を使っています。
今でこそCMが流れ、知名度も上がっているようですが、私が「ポメラ」を購入した今年2月は全くの無名に近い状態でした。家電量販店で買い物をしていた時に偶然見つけたのですが、①持ち運びができる軽量さ(コンパクトサイズ)と②筆談の時、パソコン代わりになる可能性があるところを気に入って購入しました。その頃は既に自治体への入庁が決まっていたので、自治体に入ったら会社員時代に比べてコミュニケーションに使える機器が限られてしまう可能性を見越して購入した記憶があります。

実際に使っての感想ですが・・・、「見やすさ」「時間」「保存しやすさ」では◎、「キーボード入力」では△の評価をつけたいところです。

電源を入れてから立ち上がるまでの時間がとにかく早い!数秒後には文字が画面に浮かびます。
文字を見ることにおいては、何の不満もありません。パソコン同様、文字のサイズが調整しやすいのも嬉しいです。
ただ、入力するときが大変です。キーボードはぱっと見た感じ、普通のパソコンと変わらないのですが、入力しづらいです。上手く押せなかったり、ひらがな→漢字への変換で何度押しても上手く変換されないことがよくあります。
職場でも一回使ってみましたが、正確な情報伝達には向かない・・・というのが正直な感想です。
一度入力したデータは削除しない限り電源を切っても保存された状態になるのは便利ですが・・・。
なので、使うのはプライベートだけにしています。。。キーボード入力の問題が解決できれば、職場でもどんどん使いたいのだけど。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事
脱力系 ブログトップ