So-net無料ブログ作成
脱力系 ブログトップ

【御報告】結婚しました [脱力系]

私事ですが、5月に結婚しました。

今も新居探しなどでまだ落ち着かないのですが・・・、
この半年間は、週末に何かしらの予定が入っている状況で、夫が以前から
住んでいた家で生活をスタートするために遠距離通勤になるなど環境の急激な
変化がありました。
結婚式は無事に終わりましたが、自分の時間をなかなか確保できないことで、
まとまった文章を考え書くことすらできない状況。

ここに夫のことを書くのは少し恥ずかしい気がしますが、今後、聴覚障害者の
結婚をテーマにした記事も書いていきたいと思っていますので、彼についても
少し触れておきます。

彼も難聴者。

難聴者同士での結婚ということになりますが、私としては、たまたま結婚相手
が難聴者だった・・・という感じです。
彼は手話をほとんど知らないので、日常会話は口頭でのコミュニケーションが
中心。

・・・こういうことを書くと、「難聴者同士なのに、なぜ手話でコミュニケーションを
取らないのか」とお節介な声が聞こえてきそうですが、手話なしでもコミュニケ
ーションができているので、私はこれでいいと思っています。
逆に、「難聴者なんだから、手話を覚えないと」というような無言の圧力をかけら
れることが、プレッシャーかな?

彼と出会いいろいろお話することで、難聴者に関わる問題の解決策を紐解くため
のヒントも少しずつ見えてきた気がしました。
問題に直面しても「あ、こうすれば、上手くいくのかな」と頭の中で何かがひらめく
ような感じ。

結婚してまだ1ヶ月ですが、今は「結婚してよかった!」ですね。
うまく言えませんが、結婚が、これからの人生を前向きに生きていく、ひとつの
キッカケになっている(ような気がする)ことだけは確かです。

今後も、引き続きよろしくお願いします。

-----
結婚に関した記事を5/15にも一度投稿しましたが、読み返してみて自分の中で
引っ掛かるところがあったため削除しました。申し訳ありません。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

興味・関心のある(あった)ことについて聞かれたことがない・・・ [脱力系]

現在の職場に来てからは、一度も、興味・関心のある(あった)ことについて聞かれたことがない気がします。
そういえば、趣味や特技も聞かれたことがない気がする・・・

普通、飲み会あたりで、こういうことを聞かれるのだと思いますが(前の会社では飲み会で役職者からよく聞かれてました)、聞かれない時点で、自分という人間は興味や関心を持たれていないのかと思うことがよくあるんですね。

これは、普段人と話す時、聞き役に回ることが多いからだと自分では思っていますが、人の話を聞くことに集中するあまり、自分のことを話すタイミングがつかめなくなります。
人の話を聞くことは、自分の知らなかった分野について知識が増えるメリットがありますが、たまには自分のことも喋らせてほしい・・・と思いますね。

興味・関心のある(あった)ことについて聞かれない代わりに、よく聞かれるのが庁内広報誌のWeb版に掲載してもらっている文章のこと。(文章の内容はもちろん、聴覚障害に関すること。)
聞かれるのは別にいいのですが、聴覚障害に関係することしか考えてなさそうなイメージがいつの間にか定着してしまっているようでイヤです。
昨年の飲み会で、男性先輩が私の住んでいる地域にそこそこ詳しかったことから(男性先輩と)話が盛り上がりましたが、ある場所について小学生の頃よく遊んだ思い出を話すと、「えっ!遊んだことあるの?」ですって・・・。
本当に何気ない言葉なのですが、まるで私が一度も遊んだことがないかのような言い方にテンションが下がってしまいました。
というか、子どもの頃から聴覚障害のことばかり考えて過ごすわけないでしょ。。。

確かに、小学生の頃から、聴覚障害に関する書籍を読むなりして知識を少しずつ溜めていたところはあります。

ただ、

小学校低学年の時は、ゴム跳びや創作、絵画、空想
小学校高学年の時は、相撲観戦や手芸(編み物など)、創作、読書、空想、不動産の間取り図

に夢中になっていたので、聴覚障害のことを考える時間は今よりずっと少なかったですね。

最も夢中になった相撲観戦についていえば、
私が相撲観戦にはまり始めたのは、約20年前の若貴ブームがきっかけですが、ありとあらゆる新聞の相撲欄をチェックしたり、相撲に関する書籍を読むのが日課になっていました。
相撲を積極的に取り上げているテレビ番組なら、とにかく何でも見ましたが、当時は字幕がまだ普及していなかったので、画面上の人の動きを追うのみ。
新聞や週刊誌、書籍が、当時の私にとっては有益な情報源でした。
他のスポーツと違い、ルールや勝ち負けが分かりやすかったことが、私を相撲の虜にさせた要因なのだと思っています。
とにかく、相撲に関することなら、それが芸能ニュース(代表的なのが、貴りえ婚約騒動)であったとしても、一日でも一回は接しないと、一日が終わった気がしないほどのはまり様でした。
今は、当時と同程度の興味はありませんが、当時、貴乃花を応援していたこともあり、貴乃花部屋のHPだけはすかさずチェックしてしまいます。

・・・話が逸れてしまいましたが、興味・関心のある(あった)ことについて聞かれれば、上で書いている以上にもっと話せると思うのですが、誰も聞かないですからね。。。
「自分が、自分が」という人が多くなったことの表れなのか・・・と思っています。悲しいですけど。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2年と4カ月。(駄文) [脱力系]

ブログを開設してから2年と4カ月。
早いもので、アクセス数も35000を超えました。

コメント数が少なく、一目しただけで暗く重い雰囲気を発しているようにみえることから、アクセスがあまりないのではないかと思われているかもしれませんが・・・、定期的に訪問してくださっている方、検索エンジンから偶然にも見つけてくださる方のおかげで、 記事数が少ない割には、毎日順調にアクセス数が伸びていっています。(最近は、検索エンジンから見つけてくださる方が多いようです。)

ありがとうございます

 #Yahoo!やGoogleの検索エンジンに「気が向くままに 難聴」のキーワードを入れると、
  検索結果では、2009年3月作成のエントリーがトップにランクインしているのが確認できますよ。
  (「気が向くままに」だけの場合は、上から6番目にランクインしているのが確認できます。)

もとはといえば、このブログは、会社員時代に参加していた社内SNSの延長で始めたものです。
当初は始める気は全くなかったのですが、
一昨年春に会社を退職する時、ある先輩に社内SNS上のブログの閉鎖を伝えたところ、 外部ブログの作成を奨められ、始めるに至りました。

このブログのエントリーは、社内SNSでは書けなかったものが中心です。
書こうと思えば書けたのかもしれませんが、当時はとにかく時間的余裕がありませんでした。。。

なお、社内SNSで書いていたのは、今思い出せる範囲では

・聴覚障害についての説明(記事複数)
・唇の動きの読み取り方
・筆談について感じること
・研修教育用DVDに字幕を入れて欲しい
・愚痴を吐く場がない
・障害者対応マニュアル~万が一災害が発生したら~

・・・など聴覚障害者の会社生活に関わる話がメインでした。

が、社内SNSの時は本音が書きにくかったですね。

社内SNSの時は「これを書いたら、リアルの知人がどのように反応するだろうか」と考えることが多かったです。

今は、会社とは関係がなくなった(?)という開放感も手伝ってか、社内SNSの時以上に本音で書いていますが。。。

日頃は他人に愚痴を言えないことが多いので、ついブログに書いてしまい、自己嫌悪感に駆られることがありますが、愚痴めいた記事へのアクセス数が意外にも多いことがあり、「愚痴をこぼすのも悪くないのか」ということを思ったりもしますね。
まぁ、私が読んでくださる方のご好意に甘えているだけなのかもしれませんが。

だからこそ、2年以上も続けられたのだと思っています。
ありがとうございます。

いつまで続けるかは分かりませんが、
似たようなエントリーが投稿されているブログが他にあまり見つからないことから、続けられるうちは続けようと思っています。(これも社会貢献・・・たぶん。)

ただ、正直なところ、愚痴は言わないほうが良いのかなという気持ちもあります。
愚痴は、日頃の不平不満が積もりに重なった時に「どか~ん」と爆発するような形で発されるものだと思っています。その意味では、なるべくなら、日頃から不平不満を溜めないほうが良いのですよね。
そのためには、日々、何かに感動しては喜ぶ時間をなるべくなら持つようにしたいですが、現実は難しい。。。でも、がんばります。

すみません、意味のない文章を長々と書き連ねてしまいました。。。

(なかなか書く機会のなかったアクセス数とブログに対する姿勢について書くことで、「こんなに訪問があるのですよ!」ということだけは伝えたかったのです。)

こんな感じですが、これからもよろしくお願いいたします。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

自分の日齢を計算してみよう [脱力系]

皆さんは自分の日齢(自分が生まれてから何日目か)についてご存知ですか?
知らないどころか計算さえしたことがないという方が殆どではないかと思います。

実は、Excelを使うことで日齢を簡単に知ることができてしまうのです!

ここでは、1980年4月1日生まれを例に計算してみることにします。

    A        B        C
1 1980/4/1   =TODAY()    =B1-A1

 ・A1には、自分の生年月日(ここでは、1980年4月1日)をスラッシュで区切って入力してください。
 ・B1には、「=TODAY()」(今日の日付を表す関数)を入力してください。
 ・C1には、数式「=B1-A1」を入力してください。

そうすることで、A1、B1の日にちの間の日数、つまり、自分の日齢を知ることができます。

2009年6月20日にこれを実行すると、以下のようになります。

   A       B       C
1 1980/4/1   2009/6/20   10672

C1に数式を入力した時、1929/3/20が出てくることがあるかもしれませんが、もし出てきた時は、セルを右クリック→プロパティを開くの順で「セルの書式設定」を開き、表示形式が日付になっていないか確認してみてください。もし日付になっていれば、標準に修正してください。そうすれば、日齢が確認できます。

私の日齢は10000日を軽く超えていますが、数字を眺める度にこんなに長く生きてきたのか・・・と実感させられます。

Excel作業に飽きた時などに計算してみると、新しい発見ができて面白いですよ。
「これからもがんばって生きなきゃ」という気持ちになるかもしれないですよ。

<参考までに・・・>

10000日目に達するのは、27歳と4ヶ月18日前後

20000日目に達するのは、54歳と9ヶ月4日前後

30000日目に達するのは、82歳と2ヶ月19日前後
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

デジタルメモ帳「ポメラ」 [脱力系]

時々、デジタルメモ帳「ポメラ」を使っています。
今でこそCMが流れ、知名度も上がっているようですが、私が「ポメラ」を購入した今年2月は全くの無名に近い状態でした。家電量販店で買い物をしていた時に偶然見つけたのですが、①持ち運びができる軽量さ(コンパクトサイズ)と②筆談の時、パソコン代わりになる可能性があるところを気に入って購入しました。その頃は既に自治体への入庁が決まっていたので、自治体に入ったら会社員時代に比べてコミュニケーションに使える機器が限られてしまう可能性を見越して購入した記憶があります。

実際に使っての感想ですが・・・、「見やすさ」「時間」「保存しやすさ」では◎、「キーボード入力」では△の評価をつけたいところです。

電源を入れてから立ち上がるまでの時間がとにかく早い!数秒後には文字が画面に浮かびます。
文字を見ることにおいては、何の不満もありません。パソコン同様、文字のサイズが調整しやすいのも嬉しいです。
ただ、入力するときが大変です。キーボードはぱっと見た感じ、普通のパソコンと変わらないのですが、入力しづらいです。上手く押せなかったり、ひらがな→漢字への変換で何度押しても上手く変換されないことがよくあります。
職場でも一回使ってみましたが、正確な情報伝達には向かない・・・というのが正直な感想です。
一度入力したデータは削除しない限り電源を切っても保存された状態になるのは便利ですが・・・。
なので、使うのはプライベートだけにしています。。。キーボード入力の問題が解決できれば、職場でもどんどん使いたいのだけど。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事
脱力系 ブログトップ